「知る」っておもしろい。「できる」のはもっとおもしろい。スペイン語の知識と経験をつなげ、よりおもしろい毎日へ。

Conocimiento

×

Experiencia

インタースペインは、スペイン語教育・留学支援を通し、
知識を経験につなげ、あなたの未来の可能性を広げる
サポートをします。

新着情報

スペイン語を学ぶ

セルバンテス書店はスペイン語を「学ぶこと・教えること」に真剣な人を応援します。外国語としてのスペイン語(ELE=Español como Lengua Extranjera)教育を専門とする、スペインの主要出版社と30年以上に渡り、信頼関係を築いてきました。その経験をもとに、豊富な知識を持つスタッフが最新の教材や学習方法を提案します。一緒に学び方を学び “Aprender a aprender”、自律して学んでいける学習者“Aprendiente autónomo” になることを目指しましょう。

セルバンテス書店オンラインショップ

インスティトゥト・セルバンテス東京1Fにて、スペイン語・スペイン語文化圏関連書籍の専門書店を運営しています。単なる書店にとどまらず、日本におけるスペイン語書籍、スペイン語教育の最新情報発信地としての役割を果たす場所づくりを心がけております。

音声・参考資料ダウンロード

教材の音声ファイルや参考資料のダウンロードページです。各出版社が用意しているオンラインプラットフォームへの登録方法もこちらへ。音声資料をはじめ、オンラインアクティビティなど様々な学習方法が準備されています。

DELE関連教材

毎年多数出版されるDELE試験の各教材の特徴を整理して紹介したページです。ご自身の目的や学習方法に最もマッチする教材を見つけることは合格への第一歩です。

スペイン語書籍専門サービス

スペイン語書籍専門サービス

インタースペイン・ブックサービスは、スペインの専門出版社によるスペイン語教材の輸入・販売、スペイン語圏で出版されている学術専門書や学術雑誌等の調査・手配を行っております。 スペイン語のプロであるスタッフが、学習者向け、図書館蔵書用、専門分野に特化した研究者向け等、ご要望に合わせて各種リスト作成・見積もり・納品を承ります。

私たちは書籍を通して、学習者や指導者、研究者の陰の力になりたいと考えています。

私たちのパートナー

私たちのパートナー

第二言語習得・外国語としてのスペイン語教育専門の出版社の紹介です。日本市場担当者たちが、スペイン語教育に対する思いや弊社とのパートナーシップについてコメントを寄せています。ELE教育教材の最新カタログも掲載しています。

スペイン語圏に留学する

スペイン語圏に留学する

有限会社インタースペインは2004年より、スペインに特化した留学支援事業を行っています。
スペイン大使館経済商務部、スペイン政府観光局、FEDELE(スペイン語学学校連盟)等が主催するミッションに毎年のように参加し、現地の語学学校を訪問、校長や担当者と直接話しをして、スペイン留学を検討している方たちが学校を選ぶ際の助けとなるように正確で新しい情報を収集しています。

会社概要

会社概要

インタースペインの理念は、創業チームの合言葉 Sin prisa, pero sin pausa.(急がない、でも、歩みを止めない)です。創業以来、経営においてこの言葉を大切にしています。

何事においてもスピードが求められる時代ですが、時間をかけて培ったものや、ゆっくりとでも長く継続しているものの価値は失われるものではありません。

どのようなことでも、「知っている」を「できる」に転換するにはそれなりの時間が必要です。
急がなくていい、でも、あきらめずに長く続けること、毎日少しでもいいから歩みを止めないこと。私たちはこのことをスペイン語学習の経験を通して学びました。

私たちのミッションは、この Sin prisa, pero sin pausa. のように、スペイン語の習得に関しても、たとえゆっくりでも継続していくための方法を提供しサポートし、一緒に歩みを止めず進むことです。

推薦コメント

スペイン大使館経済商務部

1970年代にスペインの修道女たちが東京に設立した「マナンティアル書店」が、セルバンテス書店の前身だと聞いています。今ほど外国語の情報がなかった当時から、スペイン語の本に出合える場として、その名の通り日本に暮らすスペイン語圏の人々のオアシス(マナンティアルはスペイン語で「泉」の意)となっていたことでしょう。

インタースペイン社はスペイン書籍とスペイン語圏にかかわるサービスを日本全国に提供されてきました。New Spanish Booksのプロジェクトや、スペインのブックフェアLIBERのプロモーションをスペイン書籍出版連盟とともに行う私どもスペイン大使館経済商務部も、インタースペイン社に多大なるご協力を賜っており感謝しています。

He oído que el nombre original de la librería Cervantes fue “Librería Manantial”, cuando se fundó a finales de los años 70 por unas hermanas españolas en Tokio. No es difícil imaginar que dicha librería fuera un “manantial” de verdad para muchos españoles en Tokio cuando la información en idiomas extranjeros era muy escasa en comparación con ahora.

La empresa Interspain ha venido ofreciendo servicios relacionados con la difusión de literatura y culturas españolas por todo Japón. Desde nuestra Oficina Económica y Comercial de España en Tokio, junto con la Federación de Gremios de Editores de España, trabajamos en el proyecto de New Spanish Books y en la promoción de la feria de libros LIBER. Interspain es un colaborador especial en estos proyectos y apreciamos su enorme contribución.

フェルナンド・エルナンデス・ヒメネス・カスケット
スペイン大使館経済商務参事官

インスティトゥト・セルバンテス東京

2007年にインスティトゥト・セルバンテス東京の初代館長に就任した私には、センターの活動を開始するにあたり、2つのはっきりとした願いがありました。
それは世界のインスティトゥト・セルバンテスの中でも最大規模を誇る東京支部は、教室、イベントホール、図書館、展示室と事務所とは別に、スペイン料理のレストラン、そしてとりわけ書店を擁するべきである、というものでした。

開館当初から関心をお持ちいただいたインタースペイン様は、ELE(Español como Lengua Extranjera, 外国語としてのスペイン語)専門書籍だけでなく、スペイン語圏文学の取り扱いの長い歴史があり、私たちにとってこれ以上ない程素晴らしいパートナーです。
インスティトゥト・セルバンテス東京にセルバンテス書店を備えることは、大変誇らしいことです。ここでは日本文学のスペイン語翻訳本に出会えるだけでなく、数多くの興味の尽きない驚きに出会うことができるのです。
もちろん、私どものスペイン語クラスに通う様々な世代の生徒様にとって、教室と同じ建物内でテキストの購入が出来ることは大きな助けです。
どうぞみなさんセルバンテス書店を訪れてみてください。

Como primer director del Instituto Cervantes de Tokio, cuando se iniciaron los trabajos para el centro en 2007, teníamos claras dos cosas: además de contar con las aulas, el auditorio, la biblioteca, las salas de exposiciones y las oficinas, el centro más grande del mundo del Instituto Cervantes debía contar con un restaurante español y sobre todo una librería.

Desde el principio InterSpain se interesó y no podía ser un socio mejor dada su historia de especialización en los libros de ELE (español como lengua extranjera) pero además en literatura en español.
Es un orgullo poder contar con la Librería Cervantes del Instituto Cervantes de Tokio en la que además se encuentran libros de literatura japonesa en español y muchas sorpresas de enorme interés que hay que descubrir.
Y desde luego es un apoyo para nuestros alumnos de español de todas las edades poder comprar los libros en el mismo edificio de sus clases. Te recomendamos visitar la Librería Cervantes.

ビクトル・ウガルテ・ファレロンス
インスティトゥト・セルバンテス東京 館長